恋愛診断ハニホーのイメージ rocket_launch まずコチラ
完全無料の性格診断と恋愛診断
診断を極めたハニホー!

tips_and_updates ハニホーってどんなもの?

◆我々は、性格診断や恋愛診断・恋愛に関するコンテンツを提供しています。
◆楽しい診断だけではなく、恋愛に役立つツール(アプローチ方法を提案する、別れるべきか判定する、等)を提供します。そして「恋愛に悩んだらハニホー」「恋愛といえばハニホー」を目指しています。
◆名前と生年月日だけ入れて適当な結果を出すわけではありません。日々の恋愛や心理の研究から診断づくりをしています。なお、新しい診断ほど精度が高い傾向にあります。
◆あなたの目が確かならば、他のサイト等とは段違いの内容であることがお分かりいただけると思います。
◆とても健全な内容で安全です。
◆前身となるサイトから26年運営されています(開始1996年)。
◆ぜひ末永くお楽しみください。

tips_and_updates 診断はあてになるの?

このような隅のほうまで興味を持っていただいたことに感謝します。ハニホーがどれほどのことを考えて診断しているかを理解するには、下記のサイトに行って、かなり下のほうにある「コラム」をいくつか読んでみてください。あまり辿り着かないような場所にあります。

片想い相性恋愛診断性格診断彼氏彼女結婚復縁遠距離恋愛同棲不倫

ハニホーの作者(「恋愛の学校」の校長)は、一つ一つが数千字にもなるような相談に、旧サイトから合わせて3400件以上も回答してきました。そこで培ってきたものがよく伝わると思います。心理学などの学者よりも遥かに恋愛の現場を見てきて、また「ただ恋愛をたくさんした人の経験談」より遥かに体系立てられた哲学や恋愛観を持つ、ここハニホーにこそ「芯を食った」内容があるということがお分かりいただけることでしょう。

tips_and_updates 診断はどう作る?

下記コラムが参考になるでしょう。

性格診断の作り方恋愛診断の中身

おふざけではないですし、バーナム効果(誰にでも当てはまるようなことで当たった気にさせる効果)を狙ったものでもないのです。

tips_and_updates 当たる?当たらない?

本当に当たらないこともたまにあるのですが、中には「極端に盛った写真にうるさい」などの攻めたコメントで「当たらない」と思われる方もいます。

診断結果のコメントには、「あざとい」のように抽象的に性格を表すものと、「極端に盛った写真にうるさい」のように具体的なことに言及する勝負に出たコメントが混ざっています。勝負に出たコメントは、具体的なだけあって、そのまま捉えると「べつに写真にごちゃごちゃ言いませんけど?当たってないなぁ」ということになりやすいのですが、当たらないと捉えずに「そういう風な人だと思われている(盛った写真にうるさそうな人だと思われている)」と捉えてください。とはいえ、勝負に出たコメントすら、当てに行っているものがほとんどです。

全体感としては、抜群によく当たります!

tips_and_updates どの診断をやれば?

恋愛診断も性格診断も、日々、研究を重ねて作成されています。新しいものほど、分析の鋭さ、表現や結果パターンの多さ、精度が段違いなのです。

あなたの落とし方ワンツースリー 最新作はお手軽にできるお遊び系の恋愛診断で「新生!あなたの落とし方ワンツースリー」です。分析量が物凄い・・・というわけではありませんが、気軽に楽しい診断を求めている方はこれが良いでしょう。

トレカ恋愛診断 恋愛で自分を分析したい方は、今なら「トレカ恋愛診断」です。イロモノに見えますが、結果がトレカ風になっているだけで、診断の鋭さは現在「圧倒的」な一位です。次点で「恋愛の履歴書」でしょう。

トレカ性格診断 自分の性格を分析したい方は、今なら「トレカ性格診断」です。こちらも性格診断の鋭さとしては、一番です。どれほど人の本質を捉えているか、よくお分かりいただけるはずです。次点で「性格の履歴書」でしょう。

才能を診断するもので根強い人気があるのは「才能と性格を見抜く性格診断」です。オーソドックスで安定した人気があります。

tips_and_updates その他の用途

気になる人との相性診断を(一人で)やりたい

軽めの気持ちなら「普通の相性診断」で、本気でやるなら「全てを含んだ相性診断」へどうぞ。

相性診断を好きな人と二人でやりたい

二人でやる相性診断」へどうぞ。

片想いの人を知りたい

好きな人について」のサイトに行くと、相手の分析、相手の気持ち、自分の気持ちまで診断できます。

他にも、結婚、復縁、不倫、彼氏彼女、同棲など、それぞれのテーマに沿ってたくさんの恋愛診断や性格診断があります。ぜひ利用してみてください。

< 恋愛診断・恋愛占い:TOP(目次)へ戻る

恋愛診断(恋愛占い)の鍵2:自我

自我の意味

コラムの挿絵

自我の強さもまた、恋愛診断(恋愛占い)を作る際にはとても重要な項目です。「自我が強い」と聞いて、あなたはどういう人を思い浮かべるでしょうか。自我ではありませんが、「我が強い」というと、強情だとか意地っ張りだとか、オレ様とかワガママというニュアンスもありますから、そういう感じで捉えるかもしれませんね。でも、ちょっと違います。

自我というのを深く追求していくとものすごく難解になるのですが、まぁとてもとても大雑把に言うと「意識できる自分」のことです。例えば、いま歌い出そうと思えば、あなたは自分を動かして歌い出すことができるでしょう。例えば今晩の食事を考えようとすれば考えることができるでしょう。あなたの意識が、あなたを制御しているからです。こんな風に自分を動かし、様々なことを思い、生きている。そう感じている自分。それが「自我」です。自分が自分だと思う心の司令センターのようなものです。

でも、人の心には、実は広大な「無意識」などがあって、自我で把握したりコントロールできている部分が全てではないのです。

自我が「心の司令センター」だとすると、それは言ってみれば「人工的な世界」だと言えるでしょう。でも、自我の外に、無意識という広大な自然が広がっていて、その「自然界」のほうが圧倒的に大きいのです。

自我が強い人

例えば、部活で先生に怒られるとします。そして傷ついたとします。その「傷つく」は自然界での出来事ですから、自分ではどうしようもないですよね。自我でその「傷つく」という心の動きをどうこうすることはできません。でも、その心の痛みを受けて、心を殺して冷静さを保つことは、頑張ればできることでしょう。傷ついてはいるのですが、それが自我に直接の影響を与えないよう、制御するのです。この「制御する力」が強いか弱いかによって、その場で泣いたり泣かなかったりするわけです。

言ってみれば、自然界からやってきた災害を、堤防を築いて人工的に封じるようなものです。自我が弱ければ、堤防は決壊してそこで泣くでしょう。自我が十分に強ければ、踏ん張ります。自我が強いということは心の動きという自然界の影響を制御しやすい、ということなのです。

でも、自我が強い人が、自我が弱い人よりも優れている、ということではありません。

自我が強いことの長所と短所

コラムの挿絵

自我が最大に弱い人というのは、すなわち「赤ちゃん」です。なーんにも制御していません。嬉しい心の動きがあればすぐに笑いますし、不快なことがあればすぐに泣きます。幼児も、嫌なことがあればすぐに顔に出ますし、大人に比べると辛抱強さが全くありません。でも、かわいいですよね。自然に近くて余計な制御がされていないというのは、かわいくて、親しみやすくて、愛しやすいのです。

大人になれば自我は子供より強くなりますが、その中でも強い人と弱い人がいます。自我が強いと、人工的な部分が分厚く見えて、自然な心が見えづらくなって、かわいげがなくなりますし、親しみづらくなるのです。でもその分、踏ん張りやすくなったり、無理が利いたり、目先のことに左右されづらくなったりします。

また、自我が強すぎると心にゴミが溜まっていきやすい、という問題があります。例えば部活で怒られて傷ついているのに、制御が利きすぎて、傷ついている自分を認めなかったり自覚していなかったりするのです。その無自覚の痛みはどんどん蓄積されて、本人は泣くこともなく、なんだかピリピリした雰囲気の人になるかもしれません。もしかしたら、いつのまにかゴミが溜まりすぎて、急に泣けてきたり、無気力になって、動けなくなるかもしれません。自然界を制御できていたつもりの人が、自然界から大逆襲を食らって、制御不能になることもあるのです。

自我と自然な心との折り合い

あなたは、写真を撮られるときに、自然に笑っていられますか?表情がこわばりますか?自分を制御しようと思う人、つまり自我が強い人ほど、表情は硬くなります。カメラに対して特に身構えずにいられる人ほど、表情は自然体になります。撮られることへの慣れなどもありますが、ここには自我の強さも大いに影響しているのです。

あなたが鉄棒で逆上がりをした直後に写真を撮られたら、きっと自我の制御がない良い表情で写真に納まることでしょう。そんな自分の顔をすごく嫌だと思う人もいるのですが、あなた以外の全員が、それを「良い表情」だと言うでしょう(少なくとも強張った顔の写真よりは)。みんなその顔が好きなのです。

自我で制御することも大事ですが、自我を緩めることも、恋愛ではとても大事なことです。自我が弱すぎれば、それはそれで生きづらいものがあるのですが(社会に適応しづらい等)、自我が強すぎれば、人と打ち解けづらかったり心に無理が来たりもします。仕事では強く、恋愛ではユルく、といったように、場面によって自我の強さに幅が出ることが理想的ではありますが、とにかくあまり極端にならないよう心がけてみてください。

≪恋愛診断(恋愛占い)の鍵1:自信
恋愛診断(恋愛占い)の鍵3:影響力(ゾーン)≫

※本サイトは、読み流すだけで成長する「恋愛の学校」の校長が作成しています。ぜひ恋愛の学校にもお越しください。

【SNSでの共有】
+シェア用テキスト+
テキストエリアをタップする
だけでコピーできます。
send to Twitter send to Facebook send to Mixi other
フェイスブックでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「シェア」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了




cancel 閉じる
mixiでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「mixiチェック」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


send to mixi
cancel 閉じる
ブログやメール、その他のSNSでこのページについて共有したい場合は、下記のテキストをコピーすると便利です。どうぞご利用ください。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


cancel 閉じる
 
恋愛診断・恋愛占い:TOP(目次)へ戻る